« 「刺す」「指す」「挿す」「差す」 | トップページ

「変える」「代える」「換える」「替える」

原則:
変化、変更などは「変える」。代用、代理、代役、交代などは「代える」。交換、換金、置換、転換などは「換える」。交替、代替などは「替える」。
用例:
「予定を変える」「レイアウトを変える」「生まれ変わる」「季節の移り変わり」「住所が変わる」「変わり身が早い」「血相を変える」
「あいさつに代える」「店長の代わり」「投手を代える」「お代わり」「名刺代わり」「肩代わり」「身代わり」
「チケットをお金に換える」「小切手の金額を書き換える」「住宅ローンを借り換える」「空気を入れ換える」「次の駅で乗り換える」「人質と引き換えに」「言い換えると」
「日替わり定食」「建て替える」「住み替える」「着替える」「替え歌」「替え玉」「吹き替え」「模様替え」「衣替え」「代替わり」「年度替わり」

「かえる」のほかに「かわる」という動詞があり、その連用形として「かわり」という形もあります。比較的意味が似ていてやっかいな同訓異字ですが、大きく分けるとすれば、「変える」と「代える」「換える」「替える」となります。後者の3つで迷ったらひらがな書きにするのが原則です。『標準用字用例辞典』では、「変える」以外すべてひらがな書きになっていますが、限定使用の「遺伝子組み換え」「予算組み替え」や、「振替」「両替」「替え歌」「替え玉」「替え地」などの熟語は例外的に許容されています。

「代える」「換える」「替える」の中でも特に「換える」と「替える」は境界線があいまいで、辞典でも同じように扱われていたりします。基本的に、「換える」は別の何かと交換する、「替える」は前の物を新しい物にする、という違いがあるものの、それだけではすべてカバーしきれないのが現状です。換金という熟語から見れば「円をドルに換える」、為替という熟語から見れば「円をドルに替える」など、見解が分かれているものも多くあります。

迷ったらひらがな書きにする前に、原則のように同じ意味の熟語を思い浮かべてみます。「店長の代わり」は「代理」、「空気を入れ換える」は「換気」といった具合です。また、「乗換」「引換」「日替わり定食」「吹替」のように、日常よく目にする熟語を覚えておくと使い分けがしやすくなります。ここで注目したいのは、「交代」と「交替」という同音異字です。用字用語辞典では「交代」に統一するのが原則ですので、両者は同義と考えてよいのですが、「かえる」等の訓読みで使用する場合、主に人に対しては「代える」とします。にんべんの漢字であることがその根拠となっていますが、そういう意味で「お代わり」は少し特殊かもしれません。よく口にする言葉であるものの、書く機会があまりないからか正しい漢字表記が周知されていないようです。

ここで平日の連載は一区切りとさせていただきます。来週からは不定期の書き込みになりますが、今後もこのブログを迷ったときの辞典がわりに活用していただければ幸いです。毎日ご愛読いただいた方はありがとうございました。

|

« 「刺す」「指す」「挿す」「差す」 | トップページ

同訓異字」カテゴリの記事