« 「多様」と「多用」 | トップページ | 「体制」「態勢」「体勢」「大勢」 »

「食料」と「食糧」

原則:
食べ物全般、穀物など主食以外を含む場合は「食料」。穀物など主食となる食べ物は「食糧」。
用例:
「食料品」「食料自給率」「携帯食料」
「食糧庁」「食糧管理制度」「戦後の食糧難」

辞典的には、米や麦などの主食となる食べ物に関しては「食糧」とすることになっていますが、各社ごとにその使い分けが微妙に異なるだけでなく、「食料問題」と「食糧問題」のように場合によって使い分けることもありますので、迷いやすい同音異字といえます。よく議事録に登場する役所言葉としては、「食糧」の使用頻度が高いように見受けます。「糧」は「かて」と読みますが、「生きていく糧」のように生きていくために必要な大事な食べ物、すなわち主食に関することかどうかで判断します。ちなみに、「しょくもつ」と読ませるときは「食物」ですが、「たべもの」と読ませるときは「食べ物」と「べ」を入れます。

|

« 「多様」と「多用」 | トップページ | 「体制」「態勢」「体勢」「大勢」 »

同音異字」カテゴリの記事