« 「解ける」と「溶ける」 | トップページ | 「乗る」と「載る」 »

「匂う」と「臭う」

原則:
物から発散し、漂ってきて嗅覚を刺激するにおいのうち、好ましくないもの限定的には「臭う」、その他全般的には「匂う」。
用例:
「花が匂う」「芳香剤の匂い」「ステーキが香ばしく焼ける匂い」
「トイレが臭う」「排水口が臭う」「生ごみの臭い」「犯罪の臭い」

「におう」は動詞ですが、「におい」という連用形で使用することが多くあります。「匂」は、新常用漢字表に追加予定の表外漢字です。「臭う」は、新常用漢字表の読みに追加された表外音訓です。よって、現時点では「におう」とひらがな書きにするのが原則となっています。

好ましくないものが「臭う」なのは、「臭(くさ)い」というもう一つの読みによります。「匂う」は好ましくないもの以外全般的に使用しますが、特に好ましい場合は「香る」とします。生ごみの臭いを好ましいと感じる人はいないと思いますが、においの感じ方は人それぞれ異なりますので、例えば焼き肉がおいしそうなにおいであれば「匂い」、胸やけしそうだったり煙のにおいが不快に感じるなら「臭い」と使い分けます。同様に、トイレのドアをあけて好ましい芳香剤の香りがしたら「匂い」、悪臭がしたら「臭い」とし、どちらとも言えなかったり感じ方によらない場合は「匂い」かひらがな書きにします。

|

« 「解ける」と「溶ける」 | トップページ | 「乗る」と「載る」 »

同訓異字」カテゴリの記事