« 「止まる」「留まる」「泊まる」 | トップページ | 「刺す」「指す」「挿す」「差す」 »

「取る」「撮る」「採る」「捕る」「執る」

原則:
一般的には「取る」。撮影は「撮る」。採取、採用は「採る」。捕獲は「捕る」。職務に当たる、扱うは「執る」。
用例:
「手数料を取る」「資格を取る」「汚れを取る」「コップを取る」「年を取る」「悪意と取る」「時間も手間も取る」「メモを取る」
「写真を撮る」「隠し撮り」
「山菜を採る」「新人を採る」
「魚を捕る」「生け捕り」
「指揮を執る」「筆を執る」

ほかに、「獲る」「穫る」「摂る」「盗る」「録る」がありますが、いずれも表外音訓のため、「獲る」は「捕る」で置きかえ、その他は「取る」かひらがな書きにします。一般的には「取る」、その他は用例のように限定的に使用し、迷ったらひらがな書きにします。『標準用字用例辞典』では、「手数料を取る」「資格を取る」「汚れを取る」までの「取る」、「撮る」、採用の「採る」は漢字書き、それ以外は「捕る」「執る」も含めてひらがな書きとなっていますが、「生け捕る」「召し捕る」「捕り物」などの慣用句は漢字書きが許容されていますので、注意が必要です。

写真や映画の「撮る」ですが、ビデオを撮影するのは「撮る」、録画するのは「と(録)る」となります。獲物は「捕る」ですが、用例の山菜のほかキノコや木の実、貝や昆布などは「採る」となります。

|

« 「止まる」「留まる」「泊まる」 | トップページ | 「刺す」「指す」「挿す」「差す」 »

同訓異字」カテゴリの記事