« 「混む」と「込む」 | トップページ | 「修業」と「修行」 »

「下げる」と「提げる」

原則:
「上げる」の対義語は「下げる」。手に持つのは「提げる」。
用例:
「頭を下げる」「いすを後ろに下げる」「食器を下げる」「留飲を下げる」
「両手に荷物を提げる」「手提げかばん」「首からカメラを提げる」

「提げる」はまさに「提灯」のイメージで使用しますが、「ぶら下げる」は「下げる」ほうになります。「下げる」は「上げる」の対義語以外に片づけたり引っ込めたりする意もあるなど、その使用頻度の多さに比べて「提げる」は限定的に使用します。

|

« 「混む」と「込む」 | トップページ | 「修業」と「修行」 »

同訓異字」カテゴリの記事