« 「送る」と「贈る」 | トップページ | 「ウイルス」 »

「連携」と「連係」

原則:
連絡を取り合って協力するのは「連携」。人や物のつながりは「連係」。
用例:
「関連会社と連携を保つ」「関係各国と緊密な連携を取る」
「手足の連係動作」「内野の連係プレー」

「連繋」という同音異字もありますが、「繋」は表外漢字のため「連係」とします。

使い分けが少し難しく感じますが、行政でよく使用されるのは「省庁間の連携」や「産官学の連携」など「連携」のほうです。スポーツなど一連の動作としては「連係」を使用します。

|

« 「送る」と「贈る」 | トップページ | 「ウイルス」 »

同音異字」カテゴリの記事