« 「触感」と「食感」 | トップページ | 「良く」と「よく」 »

「言う」と「いう」

原則:
「say」の意で、言葉にして述べるときは漢字書きで「言う」。「言う」の実質的な意味が薄いときはひらがな書きで「いう」。
用例:
「言いたいことを言う」「彼が言うには」「新聞でそう言っている」「はっきり言って」「簡潔に言えば」「逆に言うと」「言わざるを得ない」「言うまでもない」「そう言わんばかり」「だれが何と言っても」
「一般にコミックという」「彼が始めたのが発端という」「こういうことに決定した」「そういう例がある」「どちらかというと」「その意味からいって」「その点からいえば」「なぜかといえば」「そういえば」「とはいえ」「あっという間」「何というか」「何といっても」

用例を見ると、主に「~という」の形で、言った人や言ったことがはっきりしなかったり、慣用的な言い回しはひらがな書きであるのがおわかりいただけると思います。最後の用例を見ると、「だれが何と言っても」は漢字書き、「何といっても」はひらがな書きになっていますが、「何といっても」は「なんたって」や「どう考えても」のように他と比べて強調する慣用的な言い回しですので、このように使い分けます。

迷う例は用例から外しました。「彼女は女傑といわれている」「成功したといえる」のように、「~といわれ(てい)る」「~といえる」は、『標準用字用例辞典』では漢字書き、『記者ハンドブック』ではひらがな書きになっています。言っている人を限定的にとらえるか、一般的にとらえるかの解釈の違いと思われますが、このように迷う場合はひらがな書きにします。

|

« 「触感」と「食感」 | トップページ | 「良く」と「よく」 »

漢字書きとひらがな書き」カテゴリの記事