« 「効く」と「利く」 | トップページ | 「初」と「始」 »

「聞く」と「聴く」

原則:
「hear」の意で、音や声が耳に入るのは「聞く」。「listen」の意で、音や声に耳を傾けるのは「聴く」。
用例:
「話を聞く」「要求を聞く」「言うことを聞く」「道を聞く」
「ラジオを聴く」「音楽を聴く」「講義を聴く」「有権者の声を聴く」

用例の「道を聞く」がそうですが、「尋ねる」意の「訊く」は表外漢字のため、一般に使用しません。『標準用字用例辞典』では「聴く」も使用せず、どちらの意も「聞く」を使用しますので、注意が必要です。「聞く」と「聴く」の違いは、意志に関係なく耳に入るのが「聞く」、意識して耳を傾けるのが「聴く」という感覚的なところによりますので、迷ったら「聞く」にしますが、ひらがな書きにはしません。

|

« 「効く」と「利く」 | トップページ | 「初」と「始」 »

同訓異字」カテゴリの記事