« 「師」と「士」 | トップページ | 「パーティション」「パーテーション」 »

「ひざまずく」

原則:
◎「ひざまずく」、△「跪く」、×「ひざまづく」
用例:
「ひざまずいて用件を聞く」

「跪」は表外漢字のためひらがな書きにします。「ひざをつく」に似ているためか、「ひざまづく」という表記を見かけますが、「ひざまずく」が本則の読みです。ちなみに、「ひざをつく」の「つく」は漢字にすると「突く」で、「付く」や「着く」ではありません。「ひざをつく」とひらがな書きにしたほうがよいでしょう。

|

« 「師」と「士」 | トップページ | 「パーティション」「パーテーション」 »

間違えやすい表記」カテゴリの記事