« 「風」と「ふう」 | トップページ | 「聞く」と「聴く」 »

「効く」と「利く」

原則:
期待どおり良い効果や働きが現れるのは「効く」。機能や能力が十分発揮されるのは「利く」。
用例:
「薬が効く」「肥料が効く」「宣伝が効く」
「気が利く」「口を利く」「鼻が利く」「応用が利く」「割引が利く」「わさびが利く」「保存が利く」「無理が利く」「利いたふうなことを言う」「利き酒」

「効く」は、薬・肥料・宣伝などに対して「利く」よりも限定的に使用します。漢字書きでなくても誤解が生じにくいので、迷ったらひらがな書きにします。『標準用字用例辞典』では、「利く」はひらがな書きになりますので、注意が必要です。間違えやすいところで、「利いたふうなことを言う」や「利き酒」は「聞」ではありませんが、「聞き耳を立てる」は「利」ではありません。

|

« 「風」と「ふう」 | トップページ | 「聞く」と「聴く」 »

同訓異字」カテゴリの記事