« 「ようだ」 | トップページ | 「シンポジウム」 »

「様」と「さま」

原則:
敬称の「様」は漢字書き。それ以外はひらがな書き。
用例:
「王様」「殿様」「神様」「仏様」「皆様」「お客様」「奥様」「お嬢様」「鈴木様」
「ご苦労さま」「ありさま」「生きざま」「思うさま」「続けざま」「このざまだ」「さまざま」「さまさま」

大方の用字用語辞典で敬称の「様」は漢字書きとなっていますが、『記者ハンドブック』は「皆さま」「お客さま」「奧さま」となっていますので、注意が必要です。また、マスコミ各社の皇室用語は特殊で、天皇以外の皇族に対してあらたまった場合以外は、「皇后美智子さま」「皇太子さま」「秋篠宮さま」のようなひらがな書きが「陛下」「殿下」の代わりに使用されています。

敬称に似ていますが、丁寧語の「ご苦労さま」「お世話さま」「お待ち遠さま」「お気の毒さま」などはひらがな書きにします。先ほどの皇室用語は、できるだけやさしく表記することが心がけられているようですので、丁寧語のひらがな書きを採用したのかもしれません。

「ありさま」は、用字用語辞典では「有り様」と「ありさま」に二分されていますが、「有り様」は「ありよう」とも読めますので、読ませたいほうでひらがな書きにします。「生きざま」も同様です。「様」の訓読みには「さま」「ざま」と二通りあり、よく「様々」という漢字書きが使用されますが、いろいろの意の「さまざま」とも、ありがたい意の「さまさま」とも読めますので、ひらがな書きにしたほうが誤解がありません。

原則がわかりにくくなるため用例には載せていませんが、「様になる」「様変わり」は漢字書きです。『標準用字用例辞典』のみひらがな書きになっていますので、注意が必要です。

|

« 「ようだ」 | トップページ | 「シンポジウム」 »

漢字書きとひらがな書き」カテゴリの記事