« 「以外」と「意外」 | トップページ | 「シミュレーション」 »

「油」と「脂」

原則:
「oil」の意で、主として植物性の液体状は油。「fat」の意で、主として動物性の固体状は脂。
用例:
「油で揚げた肉」「油を売る」「油を絞られる」「火に油を注ぐ」
「脂が乗った肉」「脂身」「脂汗」「脂性」「脂ぎった顔」「脂っこい食事」

大辞林には「特に肉の脂肪を膏と書く」とありますが、「膏(あぶら)」は表外漢字ですので、この意では「脂」を使用します。化粧直しの「あぶらとり紙」は、漢字を当てると「脂取り紙」になりますが、一般に「あぶらとり紙」とする商品が多いことからひらがな書きにします。「油取り紙」としますと、キッチンペーパーのような台所用品を想像させますので注意が必要です。

油と脂のおはなし|JA北海道厚生連

|

« 「以外」と「意外」 | トップページ | 「シミュレーション」 »

同訓異字」カテゴリの記事